電話での応対は、研修でしっかり学ぶことが大切!

電話マナーの基本とは?

電話応対は、どの職種でも大切になってきます。いかにしっかりとした電話マナーができるかどうかで、その会社のイメージに関わってきます。電話応対の基本は、すぐに電話を出ることです。かけた側の人は、早ければ早いほど好印象を持ちます。また、最初に明るく元気な声で名乗ると、良いイメージになります。気持ちの良い対応は、相手の不信感を取り除き、良好な会話に発展するでしょう。電話といえども、実際に対面で話している意識を持って対応しましょう。

正しい敬語をマスターしよう

電話応対で問題になるのは、正しい敬語が使えているかという点です。せっかく好印象のイメージを持ってもらったのに、違和感のある話し方をされると「この会社大丈夫かな?」と、信用に関わってきます。研修では電話応対を学ぶ機会がありますが、必ず敬語についておさらいしておきましょう。特に、尊敬語、謙譲語、丁寧語に関して、電話応対では最低限覚えておく内容があります。研修の段階で会社から資料をもらうはずなので、しっかりマスターしましょう。

説明する内容はメモにしておき、自信を持って対応する

電話応対では、あらかじめ準備をしておかないと焦ってしまいます。いつも話す内容が決まっている説明事項ならば、手元にメモを置いておき、スムーズに話せるようにまとめておくことが大切です。また、電話に出るときと切るときのあいさつも定型文として決めておくと、気持ちの余裕のある電話応対ができます。研修中の段階のときにこそ、このような基礎を固める必要があります。まずは電話にすぐ出ることと、元気よく焦らない工夫をすることがポイントです。敬語は少しずつ現場で覚えていきましょう。

社員研修とは、会社でよりよい仕事ができるようになる為の社員が受ける研修です。会社から期待されている人材が、役職に就く前に受けたりします。