ビットコインの使い道!!その将来性とは!

ビットコインは決済に使えるのか

ビットコインと言うのは、これから非常に期待されている仮想通貨です。仮想通貨、と言うのがとても重要なポイントです。金銭的な価値があるのかが大事ですが、これは求める人が増えれば増えるほど現実世界との貨幣での価値が出てきます。これが相場となるのか、それとも確たる地位となる貨幣として認識されるのかに影響されます。値段が上下して、取引されるのが目的になれば、意味がないです。単なる投機的な商品となってしまうわけです。

決済手段として使えるところが増えれば

多少の価値が下がったり、上がったりすることは問題ないです。しかし、重要視されているのはこれから決済として安定的に使うことができるのか、という点になります。それこそが上手く普及するかどうかに繋がるわけです。国際的な貿易の決済などに使えるようになれば、相当に普及する可能性が高くなります。為替による面倒な手間や手数料がかかることがなくなるからです。但し、それでも現実の通貨にエクスチェンジはいつかはすることになります。

ビットコインはこれからは金融扱いか

金融扱いとなることが、ビットコインには決まりました。しかし、これからどのような展望があるのか、といえば、それは未知数ではあります。ですが、新しい価値観において、この仮想通貨が多くの人の手に渡ることがあれば、普及する可能性は高いです。リアルの通貨に取って代わる、という意見もありますが、それは今後の普及力次第といえます。なんだかんだで国家の裏づけがないわけですから、一時的な流通か、利殖の為に使われる可能性が高いです。

ビットコインはインターネット上の仮想通貨で、政府や中央機関を介さないので取引の仲介手数料が安価というメリットがあります。