休みなく監視する!ネットワーク監視の利点について

ネットワーク監視の基本知識

ネットワーク監視は24時間体制で稼動し続けます。そうは言っても、人間が働いているということはなく、監視システムがオートマチックに監視してくれているのです。システムにそれなりの負荷が強いられ、応答する時間が急に遅れたり、サーバそしてネットワーク器材にトラブルが発生したときに反射的に見出してくれるシステムです。簡単に説明しますとショッピングサイトもしくは企業のホームページが多くの時間ダウンしたままに変化していたら、見ている利用者は心配です。そうしたトラブルになったらすぐ応対する必要があります。

迅速な対応が可能です

ネットワーク監視は、トラブルを発見すると、管理者もしくはシステムの管理者にEメールなどで告知しています。そうした連絡を受けて、管理している人は即座に事情を確認することができますので、スピーディな対応ができるのです。仮に、人間が1年365日交代でマネージメントしている状態であれば、深夜における勤務やシフトなどで管理者の労務も複雑になるわけです。そういうような必要性がなくなりますので、プラス面はあります。

トラブル前に対応できます

ネットワーク監視を活用することによって、一層管理者の負担を節減することができます。勤務する時間のみならず、その他アドバンテージがあります。簡単に説明しますと大会社になるといろいろなネットワーク器材に異なるハードウエアやアプリケーションソフトが採用されていて、高度化していることがあり、管理者がしっかりと応対しきれないことが発生します。その為、ひとたび問題が起こってしまうと復旧まで甚大な時間が強いられてしまいます。監視におけるシステムはネットワークの機能が下落した局面でトラブルを掘り起こしてくれるので、非常に大きい難題が起こる前に手を打つことが可能です。

コンフィグ管理はサーバーやネットワーク機器における設定のことを指し、大規模なネットワークになると管理用のツールを利用します。