ネットの書き込みをスルーするスキルを磨こう!

匿名での書き込みは信用しない

ネットの書き込みで誹謗中傷する人は、基本的に自分の日頃の鬱憤や主観的な気持ちを吐き出しているだけです。真摯に読み、書いている人ほど、正直に反応して落ち込んだり、怒ったりしがちですが、日常生活での会話において、面と向かって欠点を挙げ連ね、批判する事、又批判されることは少ないでしょう?顔が見えず、誰かも分からない為に責任感が薄くなったり、自分が持っている不満の気持ちを他の事で解消している場合も多いのです。

どのように捉えていくか

しかしながら、自分の好きな言動だけを取りあげてばかりでは、進歩が無い事もあります。その為、一見誹謗中傷に見える書き込みであっても、この人は何を考えて書いたのか、又自分はどう考えれば一番良いのか、少し時間を置いて、客観的に見る癖をつけることです。これは本来日常生活でも必要な考え方なのですが、日常生活では知っている人が多く、表情や間で察する事もできる為に、あまり気にしせずに済む場合も多い為、意外とこのスキルが磨かれていません。

スルーすることと熟考すること

他人の誹謗中傷は心地よいものではありません。しかし、本来日常生活で練習できないような相手の心、自分の今の状態を客観的に理解し、時間を掛けて考える場所としては最適なのがネットでの誹謗中傷なのです。自分が少しでも変われば周りが変わるのであれば、それを気づかせてくれますし、相手が関係ない不満を溜めて、こちらにぶつけてきているだけなのであれば、無視してもネットの誹謗中傷であれば問題ありません。こうして考える事で、自分を高める練習にしましょう。

逆SEOとは、インターネット上において、誹謗中傷の書き込みを防止することを目的として、見せたくない、ネガティブなサイトの検索順位を下げる手法を言います。