ホームページデザインの参考資料集めのために様々な場所に足を運ぼう!どこに足を?

まずはレストランに足を運ぼう

ホームページデザインの参考資料とは、何もホームページでなければならないとは限らず、様々な場所で参考資料を集める事が可能ですよ。初めに参考になる場所と言うのは、ファミリーレストランなどのレストランになります。レスランのメニューは、商品を引き立てるために写真を多様して食欲を増す様な表現で作成してますよね。この内容を参考にホームページでも利用すれば、伝える情報に対して知識欲を掻き立てる様な表現で伝える事が出来る可能性がありますよ。メニュー意外に内装などにも気を配り、参考になる場所を探す事もポイントです。

次にスーパーに足を運ぼう

スーパーに置いている商品は、商品の購入を促すために独特の書体を使って表に出している事がありますよね。インターネットでも確認する事は可能ですが、スーパーに置いている商品は手にとって間近で観察する事が可能ですよ。書体と言うのは、有料でなければ手に入らない書体もありますが、書体の大きさや配置場所なども参考にする事ができます。ホームページで使う独特の書体は、ホームページのタイトルなどの少ない場所に利用する事がほとんどであるため、自分で作成をしてスキャナーで読み取り加工する方法もお勧めですよ。

最後は何と言っても本屋に足を運ぼう

本屋には、ページの表紙を初め、参考資料になる素材が沢山ありますよね。タイトルや見出しの付け方なども参考になる文言が多くあり、実際に本文を読む事によってコンテンツ作りの参考になる事もあります。本屋の他に図書館に足を運ぶ事もお勧めであり、図書館であれば本を実際に借りて手元においておく事が出来ますよね。気に入ったデザインの表紙などがあれば、それをスキャナーで読み込み、それを下地として文章と画像を入れ替える方法がありますよ。この様な方法は初心者でも簡単に出来るため、プロ並みのデザインをしたホームページ作成も夢では無いと言えるでしょう。

レスポンシブデザインとはiPadなどのタブレットや、スマートフォンの表示に最適化されているページです。