トロフィーをもらう時には全ての観客が注目する!

スポーツではカップ型が定番!

ワールドカップクラスの大会では黄金に輝くカップ型のトロフィーが格好良くお似合いです。優勝したチームや選手が表彰式でもらったトロフィーを空高く掲げるシーンはテレビ中継などでお馴染みの光景として知られています。光り輝く優勝カップのイメージはトロフィーの定番とも言えるでしょう。参加者の中でもトロフィーをもらえるチームや選手はごく一部しかいません。それだけにトロフィーの授与式は参加選手や観客の全ての人が注目するシーンなのです。

芸術部門でも授与されるトロフィー!

トロフィーの授与は圧倒的にスポーツの大会が多いのですが、スポーツ以外でもトロフィーの授与はあります。例えばバイオリンのコンクールなどでグランプリに輝けば、スマートでオシャレなトロフィーが授与されることでしょう。芸術文化においてはスポーツの大会でもらうような巨大な優勝カップは似合いませんから、トロフィーを用意する主催者側は落ち着いた輝きを見せるクリスタルトロフィーなどを選ぶと良いでしょう。芸術家には軽めでスマートなデザインのトロフィーが良いでしょう。

トロフィー選びはセンスが必要!

世界大会なら世界の頂点をイメージするような豪華なトロフィーを用意します。スポーツの大会ならば、参加選手は皆力鍛えているので少々重たいトロフィーでも授与する際に問題はないでしょう。絵画の全国大会で優勝した者が受け取るトロフィーなら小さくても豪華なトロフィー、アーティストが音楽活動を評価された時にもらうトロフィーなら重くなく、なるべく煌びやかなデザインのトロフィーがお薦めです。トロフィー選びにはその賞をイメージするデザインの他に大きさや重さを考えることも必要です。

優勝した際などにもらえるあのトロフィーは使用されている素材はもちろん金や銀などの希少金属ですが、銅、錫、鉛、鉄などの卑金属も多く使われます