プライバシーを守るためにパスワードを設定するものあるある

スマートフォンなど携帯電話

スマートフォンなど携帯電話には電話番号やメールアドレスなどたくさんの連絡先が入っていますよね。うっかりパスワードを設定し忘れて誰かに見られてしまうとたくさんの個人情報を流出させてしまうことになります。そうならないようにするためにも普段からパスワードを設定しておくようにしましょう。いつもカバンの中に入れているからと油断していてはいけません。盗まれた時のことも考えて普段からプライバシー対策をしっかりしておきましょう。

自分専用で使っているパソコン

自分専用のパソコンにはログインのためのパスワードを設定しておきましょう。誰かが使おうとしてもパスワードが設定されていれば勝手にログインされることはありません。大切なデータが入っている場合は必ずパスワードを設定して安易に見られることのないように気を付けたいものです。パソコンにログインのIDパスワードを設定しておけば、少し席を外した時なども安心です。このときはログアウトしておくのを忘れないようにしてくださいね。

個人情報の入ったファイル

個人情報の入ったファイルをメールでやり取りすることもあるでしょう。このときに情報を慎重に扱うためにファイルに鍵をかけることがよくあります。パスワードを設定し、送る相手にのみ伝えて開封してもらうというものです。携帯電話の電話帳同様にたくさんの個人情報が書き込まれたファイルには設定されていることが多いです。やり取りするデータを見られてしまうとまずいようなファイルを送信する前には必ずパスワードを設定するようにしたいものです。

個人情報などが明記された書類やDMなどを粉々にするために使われるシュレッダーですが、その「紙くず」をビニール袋に詰めて品物を送る際の「衝撃吸収材」として活用出来ます。