風評被害対策っていったいどんなことをすればいい?

まずは、風評被害の発生場所を特定!

風評被害が発生した時は、まずは出所を確認します。一般的には、新聞やテレビなどの報道・メディアによる風評被害が一般的な発生元です。よくあるケースだと、自然災害などが近隣で発生した時などに、新聞やテレビなどの報道によってあたかも自分の地域まで被害が及んでいるみたいな捉えられ方をしてしまいます。新聞やテレビなどの報道は、信用性も高いために情報の伝達スピードが速いのも特長です。このようにまずは発生元の確認を行ってから対策を考えます。

発生源がわかったら慎重に!

発生源が特定できたらいよいよ対策方法を検討します。ここで大事なのがスピードですが、あわてててはいけません。情報の伝達が早い分、間違った情報を発信してしまうとかえって被害が広がってしまう可能性があります。スピードも大切ですが、一番重要なのは、正確な情報の発信です。正確な情報を把握・精査したら発信です。利用するのは、起きたものと同様の手段を利用します。例えば発生源がテレビであれば、テレビを利用して正確な情報発信を行います。

最近では、色々な発生源があるぞ!

最近の傾向では、新聞やテレビなどの報道の風評被害より、SNSなどを利用した風評被害も多く発生しています。ただし、SNSなどによる風評被害は、新聞やテレビなどよりも信用性が低いために、熱しやすいですが、冷めやすいのも特長です。よってSNSなどの風評被害は、あわてずに落ち着くのを待つのが一番の対策方法です。誤った情報は、自然と淘汰され消えていきます。反対に対応してしまうとさらに過熱してしまうこともあるために注意が必要です。

誹謗中傷対策とは、公共の場やインターネットで名誉を傷つけられた時、プライバシーを侵害された時の対策をさします。